フォードテリトリーは、現代の家族向けの多機能の中型SUVです。

フォードテリトリーは、現代の家族向けの多機能の中型SUVです。多様なエンターテインメント手法に注目する消費者を対象としています。都市部の家族のライフスタイルやニーズを把握した上でデザインされています。同じクラスに16個もの標準アイテムと28個の主要構成アイテムがあります。同時に、デザイン品質、快適な空間、インテリジェントテクノロジー、安全性能、燃費の面でも一定の競争力があります。

2019年1月22日、新しいフォードテリトリーがSina Sports 20th AnnualAwardsCeremonyで正式に発足しました。新車は、1.5Tの直噴エンジンを搭載した合計6モデルを109,800〜167,800元で発売した。フォードテリトリーは、1月の8日間の発売で1,400件以上の注文がありました。

wdqw

2019年8月25日、フォードテリトリーの純電気新エネルギーモデルテリトリーEVが発売されました。スタティックカラーとスターカラーの計2モデルを発売。助成価格はそれぞれ182,800元と206,800元でした。この車は燃料車をベースにしており、NEDC条件下での航続距離は360kmです。

2019年10月14日、フォードテリトリーの新しい48V Zunカラーが正式に発売され、価格は154,800元でした。2019年モデルと比較して、新車には追加の48Vモーターが装備されており、他の側面は同じままです。

2019年12月4日、フォードテリトリークールテックエディションが正式に発売され、主に技術ベースの構成のアップグレードを目的として、ガイド価格がそれぞれ154,800元と168,800元の2つのモデルが発売されました。

改良モデルとして、フォードテリトリーSは、より洗練されたスタイリングに加えて、テンセントのTAI自動車用インテリジェントシステムを搭載する予定です。パワー部には引き続き1.5Tターボエンジンを搭載し、最上位モデルには48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載。同年9月15日、2020年式フォードテリトリーEVがアップグレードされ、179,800元から発売された。新車は技術的にバッテリーの安全性を高め、CATLの60.4kWh大容量三元リチウム電池を搭載し、NEDCの航続距離は435kmです。


投稿時間:2022年6月20日